外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】9日のニューヨーク外国為替市場は同日発表された米雇用統計の内容を好感してドル買い円売りが進み、円は一時、1ドル=82円37銭まで下落した。同市場では昨年4月下旬以来、約10カ月半ぶりの円安水準。米労働省が発表した2月の雇用統計で失業率は横ばいだったものの、景気動向を敏感に反映する非農業部門の就業者数が大幅に増加し、米雇用情勢の改善が続いているとの受け止めが広がった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信