外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】米ニューヨーク州下院は15日、銃犯罪を行う危険性があると判断した患者について、精神医療専門家に当局への通報義務を課すとともに、こうした患者から銃を押収できるとする銃規制強化法案を賛成多数で可決した。上院は14日に可決済みで、クオモ州知事が15日に署名、同法が成立した。米メディアは「国内で最も厳しい銃規制」としている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信