外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】26日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は量的緩和が当面継続するとの見方から反発し、前日比115・96ドル高の1万3900・13ドルで取引を終えた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は13・40ポイント高の3129・65。米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長が、定例の議会証言で現在の量的緩和策について継続を強調したことで早期解除観測が後退し買われた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信