外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】10日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、米国と北朝鮮の関係緊迫化による軍事衝突への警戒感から急落し、前日比204・69ドル安の2万1844・01ドルで取引を終えた。下げ幅は5月17日以来、約3カ月ぶりの大きさ。投資家は株式から相対的に安全な資産とされる通貨の円や金、米国債に資金を避難させる動きを強めた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信