外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】20日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、米国の量的金融緩和が縮小するとの懸念から続落し、前日比353・87ドル安の1万4758・32ドルと今年最大の下げ幅を記録して取引を終えた。終値としては5月1日以来約1カ月半ぶりの安値水準。前日からの2日間で下げ幅は550ドルを超えた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は78・57ポイント安の3364・63。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信