外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】8日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は大幅続落し、前日比121・41ドル安の1万2811・32ドルで取引を終えた。減税失効と歳出削減が重なる「財政の崖」への懸念が引き続き意識されており、約3カ月半ぶりの安値水準。6日の米大統領選でオバマ氏が再選されてからの2日間で430ドル超下落しており、政策運営の先行きに市場が大きな警戒感を抱えていることが浮き彫りとなった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信