外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】週明け28日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、欧州財政危機の懸念が後退したことなどを背景に全面高となり、前週末比の上げ幅は一時、320ドルを超えた。国際通貨基金(IMF)によるイタリアへの支援観測から欧州危機拡大に対する懸念が後退したことを好感。投資家のリスク回避志向が弱まり、取引開始直後から金融株を中心に買いが入り、全面高となった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信