外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】7日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は米財政の先行き懸念から急落し、前日比の下げ幅は一時、360ドルを超えた。取引時間中としては9月4日以来、約2カ月ぶりに1万3000ドル割れとなった。米大統領選でオバマ氏が再選されて最初の取引で株相場が大幅下落したことで、オバマ政権が直面する経済課題に対する市場の厳しい目を示した格好だ。「財政の崖」への不安が広がった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信