外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】11日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、人民元の事実上の切り下げで中国の景気減速が意識されたことから、前日比212・33ドル安の1万7402・84ドルと大幅反落して取引を終えた。ハイテク株主体のナスダック総合指数も65・01ポイント安の5036・79と反落し、終値で約1カ月ぶりの安値となった。

共同通信