外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】18日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を受けた早期利上げ観測の後退で大幅反発し、前日比227・11ドル高の1万8076・19ドルで取引を終えた。終値で約2週間ぶりに1万8000ドルを上回った。上げ幅は一時240ドルを超えた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信