外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】週明け8日のニューヨーク・マーカンタイル取引所の金先物相場は、取引の中心となる12月渡しが午後の時間外取引で、一時1オンス=1410・40ドルに上昇し、史上最高値を更新した。欧州の信用不安の再燃から、「安全資産」とされる金を買う動きが強まり、初めて1400ドルを突破した。金先物は米国の金融緩和観測から今夏ごろから上昇軌道に入った。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信