外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【シドニー共同】ニュージーランド政府は8日、国営テレビの男性司会者がインド・デリー首都圏の女性首相の名前をわざと侮辱するような発音で連呼し、インド政府などから「人種差別」などと批判されたのを受けて「これは侮辱であり、表現の自由の悪用は遺憾」などとする声明を発表、同政府に謝罪したことを明らかにした。この映像はネット上で繰り返し視聴され、インド紙が一斉に批判するなどしていた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信