外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 経済協力開発機構(OECD)は18日、日本の経済政策に関する提言を発表した。鳩山政権が導入目指す子ども手当について「目的と対象を再検討すべき」とし、大幅な見直しが必要との見解を明らかにした。所得格差是正のための税制改革も求めた。子ども手当は巨額の財源が必要で、少子化対策の効果を疑問視する見方がくすぶっている。OECDの提言は、子ども手当の制度づくりに影響を与える可能性がある。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信