外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 経済協力開発機構(OECD)は19日、日本の2011年の実質経済成長率を2・0%と予想した経済見通しを発表した。消費者物価は09年から3年間マイナスと予想、「デフレが続く」と明示した。鳩山政権の内需拡大策や、アジアを中心とした新興国向け輸出の改善で、日本経済は緩やかに好転。しかし、失業率の高止まりや個人消費の低迷で回復力は弱く、11年まで需要不足が続くと見込んでいるためだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信