外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【オスロ共同】ノルウェー・ノーベル賞委員会のヤーグラン委員長(62)は11日、化学兵器禁止機関(OPCW)への平和賞授与発表後、共同通信と単独会見し「この平和賞がシリアの内戦停止の第一歩になってほしい」と述べ、米国とロシアに対し一層の協調を求めた。授賞決定は全会一致で、OPCWはシリア問題で脚光を浴びる前から同委員会に推薦が寄せられていたという。

共同通信