外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ウィーン共同】石油輸出国機構(OPEC)は2日、ウィーンで定時総会を開き、原油相場の底上げに向け生産目標の再設定を協議したが、合意できなかった。増産の凍結も見送った。増産を続けるイランが反対するなど足並みが乱れたもよう。OPECの生産量は増え続けており、増産傾向が今後強まりそうだ。合意失敗を受けニューヨークの原油先物相場が一時急落するなど、1バレル=50ドルの大台を先月突破した相場が反落する可能性も出てきた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信