外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本マイクロソフト(MS)は5日、今も多くの国内企業が利用しているパソコンの基本ソフト(OS)「ウィンドウズXP」のサポートが来年4月9日で終わるのを前に、新しいOSへの移行を促すため、日本MSの取引企業からパソコンを購入した場合に支払いを猶予する支援を始めたと発表した。パソコン保有台数が250台未満の中小企業などが対象で、購入費の支払いを金利負担なしで来年4月まで猶予。先着500社限定。

共同通信