外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 パソコン(PC)遠隔操作事件で、東京地検は22日、日航機の爆破予告など計3事件に関与したとして、ハイジャック防止法違反(運航阻害)罪などで、会社員片山祐輔容疑者(30)を起訴した。片山被告は「身に覚えがない」と一貫して全ての容疑を否認している。地検は、遠隔操作ウイルスが米国のサーバーに保存されており、片山被告の職場のPCで作成された痕跡があったことなどから、3事件を立証できると判断したもようだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信