外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 パソコン(PC)遠隔操作事件で、東京地裁(大野勝則裁判長)は17日、ハイジャック防止法違反罪など3事件で起訴されたIT関連会社社員片山祐輔被告(30)について、証拠や争点を絞り込む公判前整理手続きを実施することを決めた。第1回協議は5月22日。地裁と検察、弁護側3者による協議の終了後、弁護人の佐藤博史弁護士が記者会見して明らかにした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信