外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大気汚染が深刻な中国から日本に大量に飛来する懸念が高まっている微小粒子状物質「PM2・5」に対応するため、環境省が新たに設置した専門家会合(座長・内山巌雄京都大名誉教授)が13日、東京都内で初めて開かれた。会議終了後の記者会見で、委員の一人は環境基準の倍近い値が出た地域があり「健康に何らかの影響が生じている可能性がある」との懸念を示した。内山座長は、注意喚起のため暫定的な指針をまとめる意向を示した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信