外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 微小粒子状物質「PM2・5」の大気中濃度の環境基準を達成できなかった観測地点が、2011年度に全国の7割に上ったことが15日、環境省の最新の集計で分かった。PM2・5は今冬、中国の深刻な大気汚染に伴い国境を越えて日本に飛来したことで注目されるようになったが、国内での排出を含め以前から濃度が高く、国内外の対策の重要性があらためて浮き彫りになった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信