外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】中国環境保護省は31日、北京周辺地域で微小粒子状物質「PM2・5」の大気1立方メートル当たりの平均濃度がことし上半期(1~6月)に基準値(35マイクログラム)の3倍を超える115マイクログラムだったとのデータを発表した。このほか上海を中心とする長江デルタ地域、広東省の珠江デルタ地域などでもPM2・5の値はそれぞれ69マイクログラム、44マイクログラムと、基準値を上回った。

共同通信