外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 理化学研究所の調査委員会が、STAP細胞の正体は既存の万能細胞であるES細胞が混入した可能性が非常に高いとする結論をまとめた。25日分かった。誰がES細胞を混入したかは特定できないとし「故意か過失かの判断は困難」としている。

共同通信