外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 STAP細胞の有無を調べた理化学研究所の検証結果の全容が18日、判明した。理研のチームは、小保方晴子氏の作製した細胞で約1600回の実験を繰り返したが、万能性は一度も確認できず、理研がSTAP細胞は事実上存在しないと判断した根拠の一つとなった。

共同通信