外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は12日、環太平洋連携協定(TPP)交渉参加に向け、1月末にも米国と事前協議を始める方向で調整に入った。外務省など関係府省の幹部らで構成する協議団をワシントンに派遣し、農業や自動車、郵政問題を議論。交渉参加へ本格的に動きだす。野田佳彦首相は昨年11月に交渉参加方針を打ち出したが、既に交渉に参加している9カ国の同意が必要で、米国との協議が鍵を握る。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信