外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府、与党が今国会で環太平洋連携協定(TPP)の承認案と関連法案の承認や成立を見送る公算が13日大きくなった。審議する衆院TPP特別委員会で野党と意見が対立しており、4月末に衆院を通過させても参院での審議日程を確保するのは困難との見方が強まった。TPPを「成長戦略の切り札」と位置付けてきた政権にとり、目算が狂った格好だ。野党を押し切る形で審議を進めれば、夏の参院選などで批判を招くことを懸念した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信