外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 マレーシアで15日に始まる環太平洋連携協定(TPP)交渉会合は、最終日の25日が、先行国が遅れて合流する日本に対応する「日本集中日」となることが9日、政府関係者の話で分かった。先行国が農産品や工業製品の関税や、漁業補助金の規制案を議論する環境など21の交渉分野の現状を詳細に説明。日本が疑問点を質問する特別会合を開く。交渉の全容がつかめていない日本にとって遅れを取り戻す好機になりそうだ。

共同通信