外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 安倍晋三首相(自民党総裁)は16日、党本部で開かれた全国幹事長会議で地方組織代表らに対し、環太平洋連携協定(TPP)交渉への参加表明に理解を求めた。これに対し、地方側から「反対の立場を取らざるを得ない」(北海道連の代表)などの異論が出たほか、懸念や注文の声が複数上がった。夏の参院選に向け、党内結束に課題を残した格好だ。首相は冒頭のあいさつで「党と共に国益を守る決意だ」と強調した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信