外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府が環太平洋連携協定(TPP)交渉の米国との協議で、牛肉の輸入関税率を現在の38・5%から9%に下げ、輸入が急増した場合は20%に戻す緊急輸入制限(セーフガード)の仕組みを提案していたことが29日、分かった。関税率は段階的に引き下げ協定発効後15年目以降に9%にする。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信