外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【シンガポール共同】環太平洋連携協定(TPP)交渉の閣僚会合は9日午後の全体会合で、交渉全分野を一度に年内に妥結することを断念、交渉越年はやむを得ないとの認識で一致した。交渉筋が明らかにした。関税撤廃などの難航分野で各国の主張の隔たりは依然大きく、日本が重視する米国との関税協議も妥協点は見つかっていない。

共同通信