外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 環太平洋連携協定(TPP)交渉で難航している国有企業改革の協議を前進させるため、日本、米国、オーストラリア、カナダ、メキシコの5カ国が今月中にも連合を組んで、新興国の説得に乗り出すことが7日、分かった。急激な改革に反対しているマレーシアやベトナムなどの意見を踏まえた譲歩案をつくり、調整を進める。インドネシアで10月8日に開くTPP首脳会合での大筋合意を目指し、打開策を探る動きが本格化してきた。

共同通信