外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 林農相は15日の閣議後の記者会見で「日本酒の輸出を促進するために必要なことは、幅広く取り組んでいく」と述べ、環太平洋連携協定(TPP)交渉の参加国に、日本酒の関税撤廃を求めていく意向を示した。米国やベトナムなどが日本酒に関税を課しており、今後、甘利TPP担当相ら関係閣僚の間で調整が本格化しそうだ。政府は農業強化策の一環として目標を設定。農水省はコメや日本酒などを輸出拡大の重点品目に指定している。

共同通信