外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【クアラルンプール共同】TPP交渉で、日米豪など12カ国が難航する「市場アクセス」分野を進展させるための「作業計画」の全容が1日、明らかになった。各国は関税撤廃に向け4段階で、9月20日までに自由化交渉の対象となる全品目の「95%」を関税撤廃の議論のテーブルに載せる。12カ国はブルネイの交渉で閣僚会合を開催することも検討。10月基本合意の目標に向け、交渉を加速したい考えだ。

共同通信