外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府がTPP交渉の最大の焦点である関税撤廃をめぐり、交渉が遅れている米国、カナダ、オーストラリア、ベトナム、ペルー、チリの6カ国と、9月中旬までに2国間交渉を集中的に行う方針を固めたことが8月31日、分かった。遅れを取り戻し、9月中旬の首席交渉官会合に状況を報告するとみられる。ペルー、チリを除く4カ国とはブルネイ会合で2国間協議をしたが、本格交渉には入れなかった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信