外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本相撲協会は30日、大相撲名古屋場所(7月13日初日・愛知県体育館)の新番付を発表し、大鵬、千代の富士に次いで史上3人目となる優勝30度の大台が懸かる横綱白鵬が3場所続けて東正位に座った。横綱在位42場所は朝青龍と並び史上8位。他の2横綱は日馬富士が西、9勝の新横綱場所から巻き返しを期す鶴竜が東となった。

共同通信