外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ベルリン、ニューヨーク共同】ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)のウィンターコルン会長は23日、米国で排ガス規制を不正に逃れていた問題の責任を明確にするため辞意を表明した。問題は世界的な不祥事となっており、経営トップの引責辞任に発展した。25日の監査役会で後任人事を決める見通し。

共同通信