外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ベルリン、ニューヨーク共同】ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の一部ディーゼルエンジン車が違法ソフトウエアを搭載し米国で排ガス規制を不正に逃れていた問題で、同社は22日、問題となる車両は世界全体で約1100万台に上る可能性があると発表した。対策費用65億ユーロ(約8700億円)を今年7~9月期に計上する。トヨタ自動車グループと世界販売台数で首位を争うVWの株価の下落率は22日、前週末比で一時40%近くに達し信用低下に拍車が掛かってきた。

共同通信