外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ロンドン共同】世界反ドーピング機関(WADA)は16日、ロシアのハッカー集団がリオデジャネイロ五輪に関わる選手の医学的情報などの機密データをインターネット上に流出させた問題で、新たに5カ国、11選手の情報が漏れたと発表した。同機関のデータベースへの違法アクセスでサイバー攻撃を受けた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信