外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 3月2日開幕の野球の第3回WBCで3連覇を狙う日本代表は23日、京セラドーム大阪でオーストラリア代表と壮行試合を行い、八回に途中出場の相川(ヤクルト)が3ランを放って3―2と逆転勝ちした。最終メンバー28選手となって最初の試合。エースの田中(楽天)が先発したが、一回に3四死球などで2点を失った。打線は八回に中田(日本ハム)井端(中日)の連打で1死一、二塁として相川が左越え本塁打を打った。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信