外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】8月の世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級タイトルマッチで山中慎介選手(帝拳)にTKO勝ちして新王者となったルイス・ネリ選手(メキシコ)がドーピング検査で陽性反応を示した問題で、WBCはネリ選手に意図的摂取の証拠がないとして、山中選手との即時再戦を交渉するよう命じる裁定を下したと、10月31日付で発表した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信