外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ジュネーブ共同】西アフリカでのエボラ出血熱の流行をめぐり、世界保健機関(WHO)の対応を検証する専門家による独立調査委員会が7日、最終報告書を発表した。現在のWHOには緊急事態への対応能力が欠如していると指摘、能力強化に向けた一層の対策を促した。

共同通信