外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)によると、日本人初の事務局長を務めた中嶋宏氏が26日、病気のため自宅のあるフランス西部ポワチエの病院で死去した。84歳だった。東京医科大、パリ大医学部を経て74年にWHO本部に入り、78年から西太平洋地域事務局長を務め、88年に第4代の事務局長に選出。日本人として初めて選挙によって選ばれた国連機関代表となった。エイズやポリオなど感染症の撲滅に尽力した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信