外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)のチャン事務局長は11日、訪日を前に日本メディアの取材に応じ、NDM1という酵素をつくる遺伝子を持った新種の腸内細菌など多剤耐性菌に関する対策を「関係各機関が連携して強化する必要がある」と述べた。日本でも多剤耐性アシネトバクターの院内感染が深刻化しており、チャン事務局長は日本政府など関係機関との会談でもこうした考えを伝えるとみられる。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信