外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 NHK連続テレビ小説「あまちゃん」の最終回を前に、岩手県の達増拓也知事は27日の記者会見で「東日本大震災に向き合い、丁寧に描いてくれた」と感謝を表明、28日の最終回を「運命の日を迎える気持ちがしている」と終了を惜しんだ。知事は震災を表現したドラマがほとんどない中、「それに挑戦し、被災者、オール岩手の共感を得て、3・11の原点に戻って日本としてやらなければならないことを考えさせてくれた」と述べた。

共同通信