ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

「かぞくのくに」が日本映画1位

 2012年公開の映画を対象とした第86回キネマ旬報ベストテンが11日発表され、日本映画の1位に「かぞくのくに」が選ばれた。ヤン・ヨンヒ監督の実体験を基にした作品で、病気治療のため25年ぶりに北朝鮮から一時帰国した兄と在日の妹らの家族の絆を描いている。外国映画の1位はタル・ベーラ監督の「ニーチェの馬」。表彰式は2月10日、東京・銀座ブロッサムで。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。