外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 美容効果を誇大にうたった広告を出したとして東京都は18日、エステティックサロン「たかの友梨ビューティクリニック」を経営する「不二ビューティ」(渋谷区)に、景品表示法に基づく改善指示を出した。都によると、同社は新聞の折り込みチラシやホームページに掲載していた「幹細胞美顔トリートメント」の広告で、合理的根拠を示さず「細胞レベルでの若返り」とうたっていた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信