外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 原子力規制委員会(田中俊一委員長)の調査団は17日、運転停止中の日本原子力研究開発機構の高速増殖炉もんじゅ(福井県)の直下にある断層の活動性を確認するため現地調査を始めた。18日までの日程。調査団は団長役の島崎邦彦委員長代理と、関係学会から推薦を受けた専門家の計5人。このうち、宮内崇裕千葉大教授は今回の調査には参加せず、別の日に単独で現地に入る。

共同通信