外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 製薬大手の小林製薬(大阪市)が開発した肥満症治療の「やせ薬」をめぐり、臨床試験(治験)に参加した被験者の身長が改ざんされた疑いがあることが30日、分かった。小林製薬は結果を基にいったん製造販売許可を国に申請したが、データに疑義があるとして取り下げた。小林製薬によると、治験は民間の支援機関に委託し、大阪市西成区の千本病院で2010年5~11月に実施。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信