外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ロサンゼルス共同】世界で史上最高の興行収入を記録した米映画「アバター」の第2、第3作の制作が正式に決まった。ジェームズ・キャメロン監督と配給元の20世紀フォックスが契約に合意した。米芸能誌バラエティー(電子版)が27日、伝えた。「アバター2」は14年12月、「アバター3」は15年12月に上映が開始されるという。「アバター」は3D映像のSFアドベンチャー。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信