外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】ブレナン米中央情報局(CIA)長官は16日、中東の過激派組織「イスラム国」(IS)が米軍などの掃討作戦で打撃を受けながらも、テロ遂行能力や世界規模の影響力は「衰えていない」と指摘した。支配地域が縮小し資金が減少したISが今後、注目を集めるテロなどの「ゲリラ戦術」を多用する可能性があると警告した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信